• ホーム
  • ピルは医薬品との併用が可能?

ピルは医薬品との併用が可能?

若い女性

ピルは、市販の薬ならどんな種類でも併用可能です。
ただし、医師に処方してもらう薬の中には、併用できないものが何種類かありますので、注意してください。

テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質は、広い範囲で使われますが、ピルとの併用には注意が必要です。
ピルが腸内で再吸収されるのを妨げるので、避妊効果が落ちたり、不正出血が出現する恐れがあります。
これらは、他の薬で代替可能なので、医師に相談するとよいでしょう。
この他にも、てんかんの予防や不安や緊張の治療に使われるバルビツール酸系製剤やHIVの治療に使われるHIVプロテアーゼ阻害剤なども、ピルとの併用に注意が必要とされています。

また、併用した場合に、相手側の薬の作用に影響を与えるケースもあります。
副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ剤、パーキンソン病の治療薬であるセレギリン塩酸塩、子宮内膜症や子宮筋腫の治療に使われるGn-RH誘導体、血糖降下剤など、ピルと併用すると、作用が弱まるもの、逆に強くなるものなどがあります。

医師と相談して、他の種類に代替可能ならば替えてもらい、治療を優先させる場合には、ピルの服用を中止して他の避妊方法を使いましょう。
また、併用を禁止されているわけではないので、状況によってはピル使用中でも処方される場合があります。
その場合には、医師の指示に従って服用してください。

また、サプリメントや健康食品にも注意が必要です。
セント・ジョーンズ・ワートは、ピルの代謝を進める作用があり、避妊効果の低下、不正出血などが見られます。
セント・ジョーンズ・ワートは、ダイエット関連の健康食品などによく使われるので、サプリメントや健康食品を使用する際には、内容を確認しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧