ピルが女性に与える恩恵

微笑む女性

日本で一般的な避妊方法であるコンドームの場合には、パートナーの協力が必要なのに比べて、ピルは女性が自分の意思で避妊することができる女性主導型の避妊方法です。
さらに、コンドームは装着ミスや破損などによる失敗がありますが、ピルは、きちんと服用すれば、ほぼ確実に避妊効果を得ることができます。
女性が自分自身の生活設計をしていく上で、ピルが重要な役割を果たしてくれると言えるでしょう。

また、ピルは生理に関わる問題の解決にも役立ちます。
ピルを服用することで、生理周期が安定し、また生理痛も改善します。
生理痛は、子宮内膜にあるプロスタグランジンという物質が子宮を収縮させるのが原因の一つで、この物質の分泌が過剰になると痛みが強くなります。
ピルには、子宮内膜を薄く保つ作用があるため、プロスタグランジンの量も少なくなって、生理痛が軽減します。
子宮内膜が薄くなると経血も少なくなるので、月経過多による貧血も改善します。
これらのことから、月経困難症の治療、子宮内膜症の予防や改善に使われることもあります。

また、生理日を移動させるために、一時的に使用することもできます。
行事や旅行の予定が生理と重なった場合に、ピルで生理を早めたり、遅らせるなどの調整が可能です。
この他、ニキビや肌荒れが改善したり、長期間服用することで、卵巣がんや子宮体がんの発生率を減らすこともわかっています。
このように、多くの恩恵があるピルですが、服用する場合に注意したいことがあります。
非常にまれなケースですが、血栓症が発症することがありますので、医療機関を受診して健康に問題がないか確認してもらってから処方してもらうこと、定期的に検診を受けて健康チェックをすることです。