笑顔の女性

ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
主な副作用の原因が卵胞ホルモンにあったため、含有量が50㎍以下の低用量ピルが開発され、経口避妊薬として広まりました。
トリキュラーなどの低用量ピルは、黄体ホルモン剤の種類によって第一世代から第三世代に分類されます。
第一世代は、中用量ピルの卵胞ホルモンの量を減らしたもので、効果を維持するために黄体ホルモンの量を増やしています。
黄体ホルモン剤はルエチステロンを使用しています。
続いて、少ない量でも効果のある黄体ホルモン剤レボノルゲストレルが開発され、これが使われているのがトリキュラーなどの第二世代ピルです。
第二世代ではニキビなどアンドロゲン作用が見られたため、ホルモンを段階的に変化させて対応しています。

次に、アンドロゲン作用のない黄体ホルモン剤デソゲストレルやゲストデンが開発され、これらを使ったピルが第三世代として販売されています。
また、ホルモン量の変化によっても分類できます。
全ての実薬のホルモン量が一定なのが、1相性です。
2相性、3相性は自然のホルモン変化に合わせて、それぞれ2段階、3段階に変化します。
2相性では、黄体ホルモンの量を後半に倍増させています。
3相性では、卵胞ホルモンは一定で黄体ホルモンを滑らかに変化させるタイプ、2相目に卵胞ホルモンを増やして、3相性目に黄体ホルモンを増やすタイプなどさまざまです。
トリキュラーは人気の低用量ピルであり3相性に該当します。
気軽に通販で購入することもできるのが魅力的な点でもあります。
卵胞ホルモンが50㎍の中用量ピルは、生理日の移動、PMSや月経困難症の治療のために、処方されます。

避妊が目的の場合には、通常は副作用の少ない低用量ピルを使用します。
アフターピルは性行為の後に服用して、妊娠を回避する薬です。
緊急避妊薬として、婦人科で処方してもらいます。